〒532-0002
大阪府大阪市淀川区東三国5丁目1番1号 近藤ビル2階

TEL:06-6396-5566

淀川区 東三国のインプラント、矯正歯科、小児歯科なら、伊藤歯科クリニック

インプラント

HOME»  インプラント

インプラント

歯を失ってお悩みの方へ「第三の歯」といわれるインプラント。抜けた歯の外観と機能を、歯根から歯冠まで修復できるのが、インプラント治療です。

人が物を噛むときの圧力は、想像以上に大きいもの。
でも、丈夫なインプラント(人工歯根)なら、天然歯の歯根と同様に機能します。また歯冠の色や形も、最新の歯科技術によって、自分の歯と同じように作ることが可能です。

インプラントの最大のメリットは、きちんとした手入れをすれば、治療効果が半永久的に持続することです。

インプラントとは・・・

インプラント(Implant)とは、乳歯、永久歯に継ぐ第3の歯と言われています。
通常、体の中に異物を入れると、免疫細胞が 「非自己」 と認定し、体の外に排出しようとします。例えば、指に刺さったとげを思い浮かべてもらうと良いでしょう。最初は奥深くあって、なかなか取れなくても、日を追って外に出されてきます。そして、その部分の皮が少し分厚くなったことに気付くと思います。これは、「非自己」であるとげを、体の外に排出しようとしたためです。それでは、なぜ、インプラントを人間の骨の中に入れ込んでも、そういう拒否反応が出ないのでしょうか?
それは、チタンには「生体親和性」というものがあり、簡単に言えば、骨だろうが、結合組織(肉)であろうが、接触してもどんどんお構いなしに、体の細胞がその上に増殖することができるのです。裏を返せば、チタンにのみ、免疫機構が 「非自己」 という認定ができないため、その防御機構をすり抜けてあたかも自分の体の一部のように植わっているのです。その理由は良くわかっていませんが、一説によると、地球45億年の歴史の中の、生物の進化の過程はほとんどすべて水の中でした。地球上に存在するあらゆる元素は水の中に溶け、イオンとして生命体と深く関わっていたため、体は金属などを「異物」として認識できるが、チタンだけは水に溶けなかったため、生命体と接する機会が無く、チタンを異物と認識できないのではないかということです。(真偽の程はわかりませんが・・)
この、考えようによっては、体にとってマイナスにしかなり得ないことを、うまく使ったのが、「インプラント治療」なのです。このチタンと骨の結合は、かなり強固でメンテナンスさえしっかりすれば、10年、20年は問題なく使用できると思います。また、咬む能力は、自分の歯とほぼ同じですので、自分の歯があったときと同様、豊かな食生活を楽しむことができます。
ただ、インプラント自身はむし歯にはなりませんが、管理が悪いとインプラント周囲炎(Peri-Implamtites)を起こします。これは自分の歯における「歯周病」と全く同じです。細菌によって、インプラント周囲の骨や結合組織が破壊されてしまいます。そのため、3〜6ヶ月に一度定期健診を受けられるのが良いでしょう。

従来の治療方法とインプラント治療の比較




従来の治療法 インプラント
ブリッジ 入れ歯
ブリッジ 入れ歯 インプラント


・固定式であるあため、装着しても違和感があまりない。
・人工の歯の材料を選択することにより天然の歯と遜色のない審美的な修復が可能。
・プリッジでは適応できないような大きな欠損に有効。
・プリッジのように健全な歯を削らずに補える。
(削る替わりにバネで固定する場合もある。)
・天然歯のように顎の骨に固定するので、違和感がなく噛むことができる。
・噛む力は天然歯の約80%回復することが出来るので、固いものを噛むことが出来るようになる。
・隣の歯を削る必要がない。
・見た目が天然歯に近い。
・良く噛めることは全身的な健康にも良い影響を与える。


・ブリッジを支え、固定するために、たとえ健康な場合でも両隣の歯を削る必要がある。
・支えになる歯には大きな力がかかり、将来的にその歯を失う原因となる場合がある。
・ポンティック(プリッジの橋の部分)の下部の歯肉との間の部分に食べ物カスがつまり、口の中が不衛生になりやすい。
・空気が漏れて発音が困難になることがある。
・バネによる隣の歯への負担が大きい。
・噛む力が健康な状態に比べて30〜40%くらいになる。
・取り外して手入れをする必要がある。
・すぐにガタつきやすい。
・口の中に違和感を感じやすい。
・食べ物が挟まって口の中が不衛生になりやすい。
・インプラントを顎の骨に埋め込む手術が必要。
・全身の疾患がある場合には治療ができない場合がある。
・インプラントを維持するためには十分は口腔衛生の管理と定期的は検診が必要である。



・保険適用材料を使用する場合はその保険点数内。
・使用材料による保険適用外のものは自由診療となり高額となる場合もある。
・保険適用材料を使用する場合はその保険点数内。
・使用材料による保険適用外のものは自由診療となり高額となる場合もある。
・インプラントは保険適用外であるので自由診療となる。
・手術の難易度、埋入本数等により必要な費用が算定されます。